FC2ブログ

ライムスターから受けた日本語ラップの洗礼

ライムスターって今年で結成して27年目になるねんな。

ライムスター結成が89年、1stアルバム『俺に言わせりゃ』をリリースしたのが93年。
2年後の95年に2ndアルバム『エゴトピア』をリリースしてんねんけど
その頃京都にライムスターがやってきた時の話。

皆がクラブイベントや日本語ラップのライブ初体験がどんな感じだったのか知らんけど
地方都市京都のクラブで当時のオレがライムスターから受けた
『日本語ラップの洗礼』はこんな感じだった。

coconutgrooverhymester.jpg

1995年10月27日の金曜
場所は京都の祇園にあったクラブ『COCONUT GROOVE』
オレが日本語ラップを聴き出して1年経ったぐらい。
で、クラブへ遊びに行き出してまだ間もない頃の話。

その頃よく行ってた河原町にあるリバーサイドレコードでたまたま目に付いたフライヤー。
イベント名は『MAKE A MUSIC』でスペシャルゲストにライムスター
DJはMASAYUKIとGOSSY

その年の6月に2ndアルバム『エゴトピア』をリリースしてのツアーで
地方を回っていたライムスターが今度京都にライブに来るらしい。
場所も知ってるクラブやし日本語ラップのライブに初めて行ってみようと思った。

この時のオレは日本語ラップ聞き始めて一年ぐらいで
京都のタワレコ(今はマンションなってるけど当時あった蛸薬師ビブレの上に店はあった)
で日本語ラップコーナーを片っ端から買って聴いてたんやけど
(今と違って日本語ラップのコーナーは店の売り場の
ほんの極々一角に2~30枚ほどしかCDが並んでなかった)

当時のオレは正直ライムスターはそれほど好きなグループじゃなかった。
1stの俺に言わせりゃのナンパな内容がどうも違うなーと思って2ndは買ってなかった。
この頃買ったCDで一番聞いてたのはキミドリの1STやったと思う。
ペイジャー、ギドラ、四街道、ナオヒロックも好きでよく聴いてた。

クラブイベント自体に行くのがこの日が初めてやったし
日本語ラップのライブを生で観るのもこの日が生まれて初めてやった。

音楽のライブに行った経験といえば中学の頃に
父親に連れて行ってもらった大阪城ホールの長渕のライブ以来。
日本語ラップのライブにはどんな客が来るんやろなーとか
みんなどんなノリで盛り上がるんやろなーとか不安もありつつ。

フライヤーのイベント時間が21:00~オールナイトになってるし
友達と21時に待ち合わせてクラブへ。

中に入るとフロアに客が3人ぐらいしかいなかった。

ライブは22時ぐらいから始まんのかなと思たんやけど22時になってもその気配なし。

今ならクラブイベントに行き慣れてる人やったら解るけど
クラブのライブって0時前後とか0時回った深夜にスタートする事が多いけど
この時のオレはそんな事知らんから21時とっくに過ぎてんのに
遅っそいなーとか思いながらカシスソーダーでも飲みながら
ソファーに座ってひたすら待ってた。

んで日にちまたいで0時過ぎ。
その時間になっても客は俺ら入れて6人ぐらい。

DJのクラブプレイから20世紀のイントロが流れてきた。

『準備出来てんのか京都のB-BOY!』

マミーDの掛け声で待ち続けたライムスターのライブが始まった。
今でこそお馴染みでお約束のあのコール
『ライムスターがライブしにやって来た!どこに来た?○○!』
のコールアンドレスポンスからスタート。

なんやけど、この時ライブに来てた客は誰もその流れを知らんから
棒立ちでシーンとするフロアの客とオレ。

今でこそEXILEのライブでもセイホーォゆうたら客はホーオって返すやろけど
この当時、95年のまだ日本語ラップが一般に浸透して無い時代
ましてやヒップホップ未開拓地の地方都市京都で
コールアンドレスポンスの概念が無かったオレ(と他の客)は
ライムスターのコールに何をしていいのか全く判らんかった。

MCシロー(現在の宇多丸)が『お前等全然解ってねーな!
ヒップホップのライブは突っ立って聴くもんじゃなくて一緒に参加すんだよ!』

『いいか?ラッパーがステージから投げかけたら客は応えるんだよ!』

とコールアンドレスポンスが何たるかを1から10まで手とり足とり教えてくれた。

今から思えばちょっと恥ずかしくておかしい話やけど
冷静に考えて日本っていう島国の京都に生まれて
ごく普通の家庭で普通に生活してきたオレには
ヒップホップもクラブもラップのライブもましてコールアンドレスポンスなんか知らん訳で。

教科書にも雑誌にもテレビにもCDにもそんな事出てきた事ないし
今みたいにインターネットも普及してる時代じゃないから知らなくて当然だった。

一通りシローとマミーDからやり方を教えてもらってから
『もう一回登場からやり直すから次は教えた通りやるんだ解かったな!』
一回はけるMCシローとマミーD。

また20世紀のイントロが流れてライムスターが再登場。
声をだしてコールアンドレスポンスに応える客とオレ。

けどまだ緊張で声が小さくてぎこちない。

シローが『声が小せぇ!お前等キンタマついてんのか?』
と痛烈にダメ出ししてもう一回。
『この瞬間京都でここが一番盛り上がってる場所に出来るかはお前等次第なんだぜ!!』
みたいな事をいって客をあおったり。

ココナッツグルーブに行った事ある人は知ってるやろけど
このクラブはそんなに広くなくて、この日のライブは客が少ない事もあって
ライムスターがステージから降りてフロアの客と同じ高さでマイクを握ってライブしてた。

段差なしの距離1メートル無いぐらいのライムスターから客への熱いレクチャー。

こんなやり取り(ダメ出し)とやり直しが何回かあって5回目ぐらいの20世紀。
人間5回もやれば流れも掴めて声も出るようになり
コールアンドレスポンスも成功してやっと盛り上がるライブ。

やっとヒップホップのライブっぽく盛り上がった後、『やれば出来んじゃん』とマミーD。
ただ歌を突っ立って聴くんじゃなくて掛け合いによって生まれる一体感
ラッパーと客が一緒にライブを作り上げていく感じ。

何もかもが新鮮で、経験した事のない面白さと楽しさをライムスターのライブで味わった。

曲の間のMCでシローが
『オレらが今ライブで地方を回るのはライムスターを知ってもらう為もあるけど
もっと色んな奴にヒップホップを広く知ってもらいたいからライブして回ってるんだ。
ヒップホップは面白いし、お前らももっと周りの奴を巻き込んで広げていってくれよ。
今は小さいかもしんないけど、もっともっとデカくなる音楽だと俺らは思ってるからさ。』

みたいな話をしてた。

それぞれの地方でヒップホップが盛り上がるように種をまきに来たとか
これからラップを始める奴らは頑張って欲しいし周りの奴らは
そういう奴をサポートしてそれぞれの地方で盛り上げて欲しいみたいな事を話してた。
オレらもいいと思ったらフックアップするからデモを渡してくれとも。

実際ナイトフライトのデモトピアってライムスターが担当してたコーナーで
地方回りして見つけたラッパーのデモ音源とか流して紹介してたもんな。

今ではワンマンで武道館うめるぐらいのアーティストになったライムスター。
あの時いってた通りヒップホップも広がっていって今ではメジャーな音楽になった。

オレの日本語ラップのライブ初体験はこんな感じやった。
CDやレコードを家で聴いてただけから日本語ラップのライブの面白さを知った日。
今から思えば初めてのライブがライムスターで良かったなぁと思う。

そのあと色々な日本語ラップのライブを数多く観てきたけど
ライムスターのライブはやっぱり一番楽しめるし正にキングオブステージやと思う。

その後は初めて日本語ラップに興味持って一度ライブが観たいゆうた人には
まずはライムスターのライブに連れていくねんけど一回もハズレ無いもんな。
連れて行った奴みんなが満足して楽しかったからまた行きたいってゆうし。

hqdefault.jpg
R-RATEDの首謀者、マグマのRYUZOが1stアルバム『DOCUMENT』リリースした時
Amebreakのインタビューでライムスターが京都に来た時の事を話してんねんけど

『その頃RHYMESTERが京都に来たのかな? 客が5〜6人しかいない中で
抜群のライヴをして、そこで日本語ラップの洗礼を受けましたね。
その頃にMAGUMA MC'Sを始めたんだと思います。』


って同じく客がガラガラやったライブの事ゆうてたけど
もしかしてこの日RYUZOもこのライブ観に来てたんかもな。

RYUZOみたいにライムスターの洗礼が引き金になって
ラップを始めたヤツは他にもいただろうし
この体験がオレが日本語ラップにのめり込む引き金になったのは言うまでも無い。

ちゅう訳でヒップホップに興味持ったり日本語ラップ生で観てみたいって人は
一番最初に行くならライムスターのライブがお勧めとかいっとく。

この何週か後にもココナッツグルーヴには
キングギドラやマイクロフォンペイジャーがライブにきてたんやけど
オレはどっちも仕事で行けんかった。
今から思えばギドラとペイジャーのライブは貴重やし
マジで仕事休みとってでも行っとけば良かったなとちょっと後悔したり。

YOUTUBEやフリースタイルダンジョンでライブやバトルを見るのもいいけど
クラブやイベントで体験する生の日本語ラップのライブやバトルは
また違う感動や面白さがあると思うんで
これ読んで面白そうと思った人は是非現場にも行ってみて下さい。
スポンサーサイト



なぜ日本語ラップアーティストは作品を作るのを辞めたのか

オレが日本語ラップを聞き出した頃
所謂さんぴん世代に活躍してたアーティスト
その多くが今は新譜を発表していない。

彼らの多くはなぜ作品を発表する事を辞めたのか。

日本語ラップバブルと言われたあの時代。
どんな作品を発表してもある程度売れた時代。

盲目時代やないけど日本語ラップに飢えてたリスナーは
盲目的に色々な作品を買い漁った時代。
オレも無名アーティストの12inchでも日本語ラップの新譜ってだけで
試聴せんでも取りあえず買った時代。
この音楽に熱狂していたリスナーはオレと同じような買い方してたし
その数も少なくはなかったと思う。

全てをフォローする勢いで作品を買い求めるリスナー。
日本語ラップは金になると各レコード会社も力を入れた時代。
こういうバブルの背景もあり、色んなグループが活発に作品を発表してた時代。

やがて日本語ラップアーティストの数も増え、その全てを追いきれなくなるぐらいの数になり
また作品のクオリティーにもバラつきができ、淘汰されるアーティストが出てくる。
当たり前だが、出せば売れる時代にも終わりがやってくる。

あれだけ持てはやしたレコード会社も日本語ラップが金にならないとわかると出すのを止め
レコード会社との契約が切れると同時に作品を発表する事を辞めるアーティストも出てくる。

ディールが無いとアルバムが出せない
そんな屁理屈は意味がわからない


ってL-VOKALのリリックがあるけど
メジャーレコードからのリリースアーティストは
レコード会社とのディールが無いと作品を発表出来ないのか?

インディーからメジャーと契約して作品を作るようになったアーティスト
レコード会社のリリースペース、スケジュールで作品を作るようになり、
自身の作品のクオリティーが維持出来なくなって売り上げ、プロップスを失うアーティスト。
メジャーに行ってメジャーの求めるリリースサイクルで作品を発表し
結果を残すアーティストもいる。
そんな一握りのアーティストは今もメジャーで作品を発表し続けている。

過去に活躍したがメジャーのサイクル、やり方に乗れなかった
多くの日本語ラップアーティストはなぜ作品を発表する事を辞めてしまったのか。
才能が枯渇して新しく生み出せなくなったのか
後続の新しいグループにより淘汰されたのか
リスナーの求める音と自身とのギャップを埋められなくなったのか
ただ単に創作意欲が無くなったのか。
メジャーで売ることに拘り、今更自主でリリースする事に抵抗があるのか。

メジャーでのリリース経験がそのアーティストに変なプライドを持たせたなら
悲劇だし馬鹿げている。
リスナーはその作品が大手から出てるか自主でリリースされたかなどどうでもいい事だ。
オレはそのアーティストの新譜が聴きたければ流通がどうであれ買うし
そのアーティストが好きであれば今どういう活動しているのか曲を聴きにクラブへ足を運ぶ。

95~2000年の日本語ラップバブルの頃と違い、
今はどこかに所属せずとも作品制作、発表、発売が出来る時代。

例えばあの頃もそれ以前も現在も作品をリリースし続けるECD
カッティングエッジと契約してた頃と比べるとアルバムの販売枚数は何分の一だと思う。
ただ自主でやっている分取り分までは何分の一にはなっていないと思う。
それでも全然少ないだろうが。

彼は取り巻く環境が変化しようが関係なしに作品を発表し続ける。
その時々の考えや時代をラップし続ける。

ヒップホップアーティストとは本来そういうものじゃないのか。
やるとか辞めるとか部活じゃねぇんだよ。ってラップしてたヤツもいたが。

もっと根本的な事。
日本語ラップアーティストはなぜラップをするのか。
時代的にせよ才能的にせよCDが売れないから作品を作るのを、ラップするのを辞める。
これだと下火になったら日本語ラップを切ったレコード会社と一緒。
ビジネスとしてしか考えていないって事。
それもありだが、そんなアーティストにも新譜を今でも聴きたがるリスナーはいる。
そんなリスナーの期待はどうすればいいのか。

ごちゃごちゃと書いたが
これはそんな作品を発表しなくなったアーティストへのラブコールである。
何がいいたいかというと新譜をずっと聴きたくて待っているが
一向にその気配が無いアーティストが沢山いる。

形は配信だって客演だってYOUTUBEだっていい。
今何を考えてどんな曲をラップをするのか聴きたい。
もう制作活動してないヤツもいるやろうけど辞めて欲しくない。

リスナーはただひたすら新譜を聴けるのを待つかこうやってブログで愚痴を書くしかないねん。
FBやtwitterやってるヤツなら直接ゆうことも出来るやろうけど。

オレがブログを書くのは自己表現でもある。
仮に誰も読んで無くてもそのうち誰かに読まれる事を期待して書く。
ラップも自己表現の一つだと思うが
仮に誰も聴いてないかも知れんけど聴かれる事を期待して作品を作る事はしないんやろか。
必ず聴かれる確約が無ければ作品を作らないのが当たり前?

神戸薔薇尻のステージを初めて観た時の話

神戸薔薇尻こと小林勝行がついにアルバムを出した。

ライブみてやられた人。

客演でたまたま聴いた曲でやられた人。

何人いてるか解らんけど
アルバム出すん待ってた人多いはず。

l-voikal神戸
オレが最初に神戸薔薇尻を見たんは
2008年10月11日にあったイベント『MAGAZINE Vol.3』
場所は神戸にある『KINGS CROSS』

R0011550.jpg
神戸のクラブに遊びに行くんは10年以上振りぐらいやった。
ドビンスキーとかナチュラルハイとかがイベント出てた頃ぐらい前。

震災の後、神戸のクラブにMUROが来て『病む街』をキックした話とか思い出したけど
長なりそうやしまた別の機会に話すとして

この日はアルバムリリースパーティも兼ねてて
東京からL-VOKALが来てた。
L-VOKALの出してた摩天楼シリーズのMIXCDをよく聞いてたが
オレはL-VOKALを生で見たんはこの日が初めてやってんけど
正直悪くはなかった。と思う。
けど今思い出してもあんまり印象に残ってない。

なんでかゆうたら
理由はその前に見た神戸薔薇尻のステージ。
実質10分ちょっとの短いステージやってんけど
この日のアクトの中で一番ヤバいステージやったんは間違いなく神戸薔薇尻やった。

R0011555.jpg
関西弁、下衆いリリック、女好き、めっちゃキャバクラ大好き。
エグいセックス描写のリリックで女の客がキャーゆう一面もあったり。
ここまでやったらただのふざけた感じのヤツってだけやってんけど

R0011556.jpg
その後にやった曲から雰囲気は変わった。

地元神戸に住むろくでなしとそれに惚れた女の曲
薔薇尻の曲は地元神戸に関するキーワードがよう出るけど
多分自分の実体験に基づいたリリックが多いねんろな。
感情の描写がめっちゃ生々しく、聴く客の頭と心を揺さぶる。

R0011557.jpg
最後に歌った蓮の花
DJ NAPEYのアルバム入ってたtrackじゃなく
アコギのtrackに乗せた神戸薔薇尻のラップはまるでブルースみたいに響いた。
曲の最後にアコギの演奏にあわせてブルースハープを吹いてみせる薔薇尻。
キャーキャー騒いでた女も含め、クラブにいた皆がその音色に聞き入った。

何やねんコイツ。めっちゃカッコええやんけ。

オレが見てきたライブでこんなステージングのMC見た事が無かった。
今までに無いタイプのMC。

最近の日本語ラップつまんねぇわ。と思ってるヤツいたら
いっぺん神戸薔薇尻のライブ観てみたらええんちゃう。

12月の半ばにhomeの神戸『KINGS CROSS』でリリパがあるみたい。
リリース直後の東京の蝕でのライブもヤバかったみたいやけど
やっぱり地元での凱旋ライブが一番気合入ってるやろな。
オレも行けたら行こうと思う。

1. 108 Verse
2. O-K-A-N
3. 煩悩即菩提
4. もーしい
5. SRSボクシングジムのテーマ
6. 泥中のサブイボジャンキー
7. 地涌の菩薩
8. コウベヲアゲヨ
9. 丈夫軍手'z
10. 魅裸繰ボデー
11. 感傷の果て
12. 元カノ達の恋暴
13. 黄金パターン (remix)
14. 一秒前 (feat. 神門)
15. Final Distance (feat. Zing)
16. 絶対いける (remix)
17. 警鐘



このエントリーで久しぶりの更新。
ブログの管理ページみたら10ヶ月振りぐらい。

何してたんかゆうたら
色々あってん。

結婚して、嫁さん妊娠したり。

好きなスニーカーとMIXCD買い漁ったり。

書きたい事は山ほどあるねんけど。
次は一年後とかならん程度に書きたいな。

『My Adidas』が作れる限定ショップ

miadidas347.jpg

四条寺町にある藤井大丸の6Fで期間限定ショップとして
アディダスのマイオリジナルスがオープンしてるみたい。
1F入り口にマイオリジナルスで実際に有名人がデザインした
オリジナルアディダスが展示してあった。

miadidas348.jpg
ライムスターの3人がデザインしたアディダス
miadidas350.jpg
DJ JINモデル
miadidas351.jpg
宇多丸モデル
miadidas352.jpg
Mummy-Dモデル

miadidas354.jpg
miadidas355.jpg
miadidas353.jpg
同じサルなら井上三太さ。の井上三太デザインのアディダス
スウェード使った合わせやすいカラーリングやな

miadidas357.jpg
miadidas356.jpg
溝端淳平
よお知らんけどモデルらしい。のデザインしたアディダス
見た中で一番ええなーと思ったモデル
3色しか使ってないけど配色がカッコいいなこれ。

海外サイトではwebで発注出来るねんけど試しに作ってみた。
ベースになるモデルはやっぱり『Superstar』
miadidas638.jpg
白とオレンジが好きであれこれ10分ほど格闘したけど
全体をカッコよくしよう思たら結構難しいわ。
でも他の誰もが履いてない世界で一足の『My Adidas』ってめちゃええやん。
折角やし2足ぐらいGellbeatモデル作ろかな
最近までjam master jayモデル大事に履いててんけど履き潰したし。

限定ショップやし10月31日の今月いっぱいで閉店みたい。
大阪の心斎橋に常駐店があるから大阪の人はそっち行ってもいいかも。



アディダスオリジナルス

春 from 色葉 『THE CRY OF A SOUL』

京都のタワレコにBAKA DE GUESS?のMIXCDを買いに行った。
店舗限定で先行販売とかもしてたみたいやね。

日本語ラップの新譜コーナーに無料配布のCDがあった。
illover1.jpg
春 from 色葉『THE CRY OF A SOUL』

神戸を拠点に活動するMC・トラックメーカー。
色葉でILL-OVERらしい。
webでもALBUMに興味を持った人に無料で配布してるみたい。

7曲入りのDEMO ALBUM
テイクフリーのALBUMやけどそのクオリティーは高いし
一発目のALBUMにしては完成度も高いと思う。

聴いた感想を書くと
ラップの言葉運びやリリックの言葉選びの節々で感じる事やけど
ラップスタイルがBOSS THE MCに似てるのが気になる。
嫌いやないけど俺にはかなりマイナス要素
聞こえが似てるとそれ以上深く聴こうと思わん。
やっぱりラップの聞こえや内容に行く前の聴いた印象はめっちゃ大事やと思う。

このALBUMを手にして聴いた人がどう捉えるかわからんけど
オレと同じ印象持ってしまうならアーティストとして勿体無い。

神戸拠点ならそのうちイベントで観る事もあるかもしれんけど
CDと違って現場では印象も違うんかもな。

ちなみにオレが神戸で実際に現場で観た中で好きになったMCは
DOBINSKIと神戸薔薇尻(今はBALAKETZか)

今ではフライヤーでその名前を見る事もなくなったけど
ドビンスキーもマイペースでアルバム製作中らしいし楽しみやな。

神戸薔薇尻も前にライブで見た時はアルバム作ってるゆうてたし。
いつ出るのかわからんけど楽しみやな。

色葉 ILL-OVER